ドリームヒル フレッシュなミルクから生まれた絶品イタリアンジェラート。まるで “牛乳を食べている”感覚。

メディアで取り上げられ一躍有名に。

アイス工房ドリーム 店内

アイスクリーム、ソフトクリーム、ジェラート、シャーベット。アイスの世界は奥が深く、かなり好きな人でも、その違いをきちんと説明するのはむずかしいかもしれません。おまけにアイス類は乳固形分や乳脂肪分の割合によって、ラクトアイスやらアイスミルクやら氷菓やらに分けられると聞けば、食べる前からこめかみあたりがズキンズキンしてきそう。

でもむずかしいことはさておき、ここではイタリアンジェラートを販売する(有)ドリームヒルをご紹介します。出荷乳量が全道№1の牧場である同社の工房で手づくりされるジェラートはそのおいしさが評判を呼び、クチコミでまたたく間に人気に。さらにテレビや雑誌などで何度か取り上げられたことも手伝って、上士幌町の名前とともに一気に全国区になりました。

知っておきたい、ジェラートの基本のキ。

アイス工房ドリーム ジェラート

さて、ドリームヒルのジェラートのことに触れる前に、ちょっとだけ基本をおさらいしておきましょう。ジェラートはアイスクリームとよく似ていますが、大きな違いはクリームの中の空気含有量と乳脂肪分。ジェラートは一般的なアイスクリームに比べ空気含有量が少ないので密度が濃く、しっとりしたコクがあります。なめらかな口溶けを楽しめるのが特徴です。

また、ジェラートは乳脂肪分が一般的なアイスクリームの約半分なので、カロリーが意外に低いというメリットも。さらに工場で大量生産されるアイスクリームと違い、ジェラートは各店ごとに手づくりされるので、お店独自のフレーバーやレシピを加えればオリジナリティーを出すことができます。ドリームヒル直営の「アイス工房ドリーム」でつくられるジェラートは、この基本をしっかり守っています。だから、いくら食べても食べ飽きないのでしょうね。

最新設備から生まれる安全なミルクたち。

アイス工房ドリーム 搾乳風景

ジェラートのおいしさを左右するもの。それはなんといっても、ミルクの味と質に尽きます。その点、ドリームヒルのジェラートは自信があります。同社の牧場には約2,300頭の牛が飼われていて、コンピュータで個体管理された健康な牛から、毎日52,000リットルものフレッシュなミルクが生産されています。

搾乳作業も近代的。ロータリーパーラーという、観覧車を寝かせたような形の大型の機械を導入していて、約1,400頭の牛を1日3回、オートメーションで搾乳できるシステムを組んでいます。もちろん、安全性や衛生管理面にもすぐれています。ロータリーパーラーは一周10分程度ですが、行儀よく並んで搾乳される牛たちを眺めていると、酪農家が一人で牛の乳を一頭ずつ手で搾っていくような手作業は、遠い昔になってしまったのかなぁという感慨を抱かされます。

新鮮なミルクじゃなければつくれない。

アイス工房ドリーム 外観

それこそ熱気球に乗って上空から眺めなければ、規模がわからないほど広いドリームヒル牧場の敷地。そのエントランス横にちょこんと建っているのが「アイス工房ドリーム」です。カントリー調の可愛らしい建物は1・2階がカフェになっていて、ジェラートやミルクソフトクリームなどがいつでも食べられます。ジェラートは全部で6種類あり、ミルク、ラズベリー、イタリアンチョコはとくに人気があるとか。

そこでこちらのジェラートの特徴を、店長の芳賀さんに伺ってみました。「やっぱりいちばんは牛乳の味と質ですね。甘さも脂肪分も申し分ないんです。うちは生産量が多いので、搾りたての新鮮な牛乳がすぐに手に入ります。成分調整する前の生乳をそのまま使っているから、 “牛乳を食べているような” 感覚が味わえるんです。市販されている牛乳からは、うちのジェラートはつくれませんから」。なるほど、だからあんなになめらかなのがわかった気がします。

アイス工房ドリーム店長/芳賀 亮

ウチの牛乳は日本一。その自負は揺るぎません。

(有)ドリームヒル アイス工房ドリーム店長/芳賀 亮

北海道は酪農が盛んなので、いろんなところでジェラートやアイスクリームをつくっています。それぞれに特徴があっておいしいとは思いますけど、でも僕自身、ウチが間違いなく№1だと思っています。その強い信念があるから、お客様にも自信を持っておすすめできるのではないでしょうか。最近は全国放送の人気テレビ番組や観光雑誌などでもいくつか取り上げられたので、着実にすそ野が広がっている実感があります。それにふるさと納税のおかげで、リピーターがグッと増えました。旅行のついでにわざわざ足を運んでくれる方もいます。ほんとうにありがたいですね。その方たちに「またドリームのジェラートが食べたい」と思ってもらえたら、こんなにうれしいことはありません。

カレンダー

2017年11月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤字は休業日です

お問い合わせ
十勝かみしほろん市場
〒080-1408
北海道河東郡
上士幌町字上士幌東3線231番地
かみしほろ情報館内
TEL:01564-2-3993
FAX:01564-7-7166
受付時間:9:00~17:00
定休日:木曜日・年末年始
    (冬期不定休有り)
shop@kamishihoron-ichiba.com