十勝ハーブ牛

北海道は、肉牛の生産量全国一。

肉用牛

全国で生産されている約265万頭の肉用牛のうち、北海道はその5分の1近くを占めています。その数は、名産地として知られる九州の鹿児島、宮崎、熊本などを抜き、全国№1です

理由はたくさん思い当たりますが、冷涼低温なこの北海道の気候が牛たちの生活に適しているからでしょう。大きな身体からは想像しにくいけれど、牛はなかなか繊細な神経を持つ動物です。寒さに強いかわりに暑さに弱く、湿度の高いところも苦手。だから梅雨がなく、夏でもさわやかな北海道は牛たちにとっても、居心地のいい場所に違いないのです。

また、北海道の冬の寒さと雪が、作物が育つ土の中のばい菌を殺菌してくれるので衛生的な環境も保てます。その結果病気にかかりにくい、元気で丈夫な牛が育つというわけです。

*資料:肉用牛地域別飼養頭数(平成25年度)/(社)全国肉用牛振興基金協会

肉を格段においしくする、独自の肥育方法。

(株)ノベルズ

道内でもとくに十勝は牧場の多いところですが、肉牛を肥育する畜産農家はどこも、安心や安全に気を配りながら、どんな方法で牛を育てたら、もっとおいしくなるのか、日々、頭を悩ませます。ここにご紹介する牧場「(株)ノベルズ」も、その問題に真っ向から取り組み、さまざまな研究や実験を積み重ねてきました。その結果、世界でも類を見ない独自の肥育方法にたどり着いたのです。それが「交雑種一産取り肥育」という方法です。

なにやらむずかしい言葉ですが、要は一度だけ子牛を産んだ交雑種(俗にいうF1)のメスを、通常よりも長い期間育てるやり方です。よく、肉の旨味を表わすときに「とろけるような味」とか「なめらかな舌ざわり」といいますが、これは脂肪の質が大いに関係しています。

牛は肥育期間が長ければそれだけ、体内の飽和脂肪酸より不飽和脂肪酸(オレイン酸)の割合が増えますが、この不飽和脂肪酸こそ、口に含むとすぐに脂が溶けてまろやかに感じられるおいしさの源なのです。

*黒毛和種のオスとホルスタインのメスをかけ合わせ牛のこと

十勝ハーブ牛という、新ジャンル。

十勝ハーブ牛のエサ

ノベルズはこの肥育方法だけに限らず、エサにもある工夫をほどこしました。それが人間にとっても有効な天然ハーブを牛に与えることでした。ラベンダー、ミント、ローズマリー、オレガノ、シナモンなど、おなじみのハーブは全部で17種類。エサに混ぜることで牛の胃が活性化されて食欲を増します。稲わらをたくさん食べるようになるので、健康的に育ちます。さらに、免疫力がアップするため薬に頼る機会も減ります。

このように良いことずくめのハーブですが、単にそれをエサに混ぜたからといって、すべて「十勝ハーブ牛」と呼ぶわけではありません。十勝の透き通った空気、おいしい大雪山系の伏流水、道産の高品質な牧草や稲わらのほかに、愛情をこめてお世話をしてくれる牧場の人たちがいてはじめて、十勝ハーブ牛という新しいジャンルが生まれるのです。

十勝ハーブ牛の定義。

(株)ノベルズの牛たち

ところで十勝ハーブ牛には、明確な定義があります。それは、交雑種の一産牛(一度だけ子牛を生んだメス)であること。さらに、通常より長めに肥育(32ヶ月以上)し、ハーブを食べて健康に育った牛であること。

メス牛にこだわったのは、メスのほうがキメが細かくて肉の舌ざわりが良いのと、おいしさを左右するオレイン酸がオスよりも多く含まれているからです。さらに、長期肥育によって赤身肉の中のアミノ酸含有量が増えているため、いっそう赤身肉の旨味が感じられます。

市場ではなかなか高値がつきにくい「F1(交雑種)」ですが、十勝ハーブ牛はF1の中でも均整のとれたサシ(霜降り)と赤身のおいしさが調和しています。それとハーブのエサで育てたことで、お肉ばかりかホルモンまでおいしいと好評価をもらっています。

(株)ノベルズ 肥育部門リーダー/本田隆浩

夢はでっかく、ノベルズを日本一の牧場に。

(株)ノベルズ 肥育部門リーダー/本田 隆浩

私はノベルズに入社して6年になりますが、その間、哺育部門、繁殖部門で分べんを担当し、エサ部門での経験を経て、いまは肥育部門を受け持っています。肥育に関してはまだわからないこともありますが、社外の専門家の人たちや先輩たちの意見を参考にしながら、ノベルズオリジナルの「交雑種一産取り肥育」を確立させようとがんばっています。 ボクが入社したばかりの頃は、牛舎も牛の数も少なく、正直、ここまで大規模になるとはまったく思っていませんでした。でも社長の情熱と社員一人ひとりの成長で、もっと会社を発展させたい。ひとりでも多くの方に十勝ハーブ牛のおいしさをわかってもらいたい。そしていつか、このノベルズを日本一の牧場にしたいと毎日がんばっています。

カレンダー

2017年11月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤字は休業日です

お問い合わせ
十勝かみしほろん市場
〒080-1408
北海道河東郡
上士幌町字上士幌東3線231番地
かみしほろ情報館内
TEL:01564-2-3993
FAX:01564-7-7166
受付時間:9:00~17:00
定休日:木曜日・年末年始
    (冬期不定休有り)
shop@kamishihoron-ichiba.com